favorites of x2tw2s | sa.yona.la help | tags | register | sign in

favorites of x2tw2sall replies to x2tw2sfavorites of x2tw2s

法や規制とその解釈と。

reply

トイガン(モデルガンとかエアーソフトガンとか)の業界にいる人が、法規制について語ってる記事。

けっこう長いです。


http://www.hyperdouraku.com/colum/higekoba/index.html


以前警察庁の技官に聞いたことがあったが、その答えは「本来ならば、規制後には、法律の趣旨から云うと、それ以前のモデルガンは存在してもらいたくはない。でもそれが、例え社会的に見て有用性の乏しい物であっても、個人の財産権を脅かすようなことはあまりしたくないからね……」ということだった。

(引用元は上記のパート3。5まである)



「法の温情」みたいな部分についてもかなりの量を割いて書いてある。


引用元は主にトイガンの情報サイトなので、トイガンに興味がない人にとってはわけのわからない名詞がたまに出てきて少し読みにくい部分もある。

もっと言えば、この記事の初出は実銃の情報もふんだんに含む雑誌らしい。極端な話、武器や兵器が嫌いな人なら「そんなん知らんわ、関係あれへん。みんなまとめてしんだらええ」と思うかもしれない。


ただ、立法や司法や行政が、「金属製/金属性」や「模造けん銃/模擬銃器」をどうやって区別しなければならなかったのか、みたいなことも書いてある。

正直、理屈と屁理屈の境目が大好きなオレにとっては耳が痛い部分も多々あった。


何かを創ろう/表現しようと思ったことが1回でもある人にとっては対岸の火事ではない記事のはず。

そのモノ/コトがエロ絵であれ140字であれ


以下蛇足。

・記事中に「妹尾河童」という名前が出てきて少し驚いたけどそういえばあの人は武器マニアでもあった。

・Splatoonってやっぱりすごいよね、、、あんなに罪のないゲームも珍しい。あれは結局は水玉風船だもん。

国際展開とJAPANの折り合いのつけかたがギリギリ穏健。さすが任天堂。サントラだって、ひらがなの歌詞カードまであるのに意味ないし。

posted by zig5z7 | reply (0)

個性的な惣菜パンを出す店がどんどん減っていて寂しい。

reply

この流れはもう止めようがないのか。ないんだろうな。


惣菜パンって、焼いちゃって売れなかったときのロスが相当でかいような気がする。

そのわりに手間がすごいし時間もかかる。


売れ残りで半額になったまい泉ヒレかつサンドおいしいです。

posted by zig5z7 | reply (0)

「○○は好きだけど○○信者は嫌い」

reply

そう言ってる人は多いけど、そう言ってる人のうち、全く無関係な第三者・赤の他人から見たらやっぱりすっかり信者になってしまっている人って、いる。無視できない割合でいる。「アンチ」も含めて。


いわゆる妄信的な信者にならないでいることって、ほんとうに難しい。

正直、オレだって、何かの妄信/無謬説的な信者になっていないという自信って、ないし。


以下、すごく嫌な言い方をしようと思えばいくらでもできるんだけど、それはさすがに匿名の公開Webで書くことではないと思うので書かない。

で、それは多分、お互いさまだ。オレが支持してるっぽいものを貴方が嫌っていることも絶対あるはずで、その逆もあるはず。


これを閉塞感とか不自由さとか捉えるのはやっぱり「日本的」なんだろうか。

posted by zig5z7 | reply (2)

Re: 思い出したった感

星新一が、「impromptu」という単語がいきなり浮かんで戸惑ったこと があったそうです。

reply

浮かんだ理由は全くわからず、ただ単語というか文字列だけが浮かんで。


何がどうなってるんだか彼自身もわからず、意味を調べて、なんかもう、なんだこれ、という気持ちになったそうです。

そのエッセイには、知らない人は調べてみろとも書いてあって、当然オレも知らないので調べてみたら、ほんと、なんだこれ。

これは相当困ると思う。浮かばせたのは自分なんだもの。


もっとも、浮かぶということはどこかで触れたことがあるということでもあるはずなので、それもそれですごいとも思いますけども。

何がどうなるとこういうのが「浮かぶ」のよ。

これはもう、白昼夢。ただし総監督オレ。


origaさん。

惜しい人を亡くしました。かなり本気で。


以下蛇足。

日本語っぽい音の単語を創作する大会、というのをやったことがありまして、オレ作の単語で「ささらめ」というのが好評を博したんですが、調べてみたら既にあった。

オレとしては、強めで細かめな五月雨みたいなイメージだったのに。こんなのはオレが知ってるわけないんで、こぉ、すごく割り切れない思いが残りました。

posted by zig5z7 | reply (0)

http://www4.heartrails.ne.jp/~zig5z7 /trainofthought/html/4731/index.html

reply

古式ゆかしきURL風に。うそです。でもこういうURLをまだたまに見かける。

posted by zig5z7 | reply (0)

黒ロン(ストレート)ってホラー界の宝なのではないか。

reply

この手の実写映像だけは人種差別上等になるよなあ、やっぱり。


だって例えば栗山千明様っていくつになってもやっぱり怖いの似合うでしょう。こういうのを理屈だけで否定するのは難しい。市川紗椰が怖いかと言われたら、やっぱりあんまり怖くないだろうと思うんです。……それは個人の顔の造りだろうというのはある、あるけども。


映像作品、極端な例で言えばハリウッド映画なんかは、皮膚や髪や目の色が「こうでなければならない」みたいな譲れない線に沿ってキャスティングなりオーディションなりするはずで。

髪や目はまあなんとかなる(する)として、造形みたいなものはどうしようもないだろうし、それが「人種」由来のコトであるなら、「区別」せざるを得ない部分はありそう。

日本のミュージカル的なもの、もう名前出せば劇団四季や宝塚なんかはガイジンが観たら滑稽でしょう、多分。その滑稽さは、時代劇の俳優が全員白人か黒人だったらどうなるかを想像すれば多分かなり近い。


以下蛇足。

愛のコリーダという映画では、キャスティングにあたって「チンチンの形も美しい人を」というオーダーがあったと聞いたことがあるけどほんとだろうか。

AVなんかはきっといろいろあるよね多分。これは日本だとモザイクかかるから楽なのかな。

posted by zig5z7 | reply (0)

http://zig5z7.sa.yona.la/4729

reply

小さな食べ物を作ってる人のYouTubeチャンネル。

https://www.youtube.com/channel/UCTFT5NbDl0Fa_fE9Cz_yOAA

というか、「食べ物を小さく作ってる人」だな。


鍋や包丁まで小さい。泡立て器もターナーも全部小さい。熱源はローソク。

そういうキッチンで、トンカツ、天丼、ローストビーフ、オムライス、春巻、ナポリタン、などを指のサイズで作ります。もちろん全部食べられる。

鶏卵を使う料理は、うずらの卵に置き換えてます。それでもまだ多そうなことも。そのくらいのサイズ感。

プレイリストはこちら。

http://www.youtube.com/playlist?list=PLZexQ2BK_Np9HuzQzbeFnRa0JruOtSWtv

posted by zig5z7 | reply (0)

ピボットの軸足

reply

例えばです、我々ポンニチとしては、まあ、食い物であれば;

・これはショーユだ

・日本酒に絶対合う

・ご飯にワンバンさせろ

みたいな食い物って、絶対あると思うんです。おのおの。


各々。


一気に飛躍すると、文化の摩擦なんて、しょせん、そんなもんなのではないか。


食に例えるあたりが純血ポンニチではあるともすごく思う。

ではそれが他の規範であったりしたらどうかしら。宗教であれ何であれ、話を食に戻せば家庭ごとのショーユの色であれ。


主にこういうことだけのためにagnosticismという単語を覚えたよ。


オレ個人的には例えばクロワッサンを囓りながら刺身を喰ってトムヤムクンを啜ろうとは絶対に思わないはずだけど、でもそんなの、オレがオレだからだよね。

posted by zig5z7 | reply (1)

思い出したい時ってすごくある。

reply

sbifb4さんの投稿および一連の流れから派生。


思い出したいというか、「思い出せたい」時ってすごくある。

カタルシスが欲しい。自力で。己に勝ちたい。やったった感を。


決まると「……ぉぉぉおおお、、、っはぁぁぁ……よっしゃあ。。。。。。」ってなる。スッキリしたいの。自力で。自力で。

PCで言えばマウスを叩きつけるのではなく、心持ちしめやかに置く感じ。

負けないこと投げ出さないこと逃げ出さないこと信じ抜くこと。


以下輪をかけてばか。

水の恋歌、素敵で力強いメロディですね。

アレンジを変えれば、耽美的なアニメのテーマにもすぐに転用できそう。「ナントカの輪舞曲(仮題)」です。当然、ロンドと読ませます。会社は多分シャフト。

漫画なら昭和っぽい少女っぽいやつで、タイトルの書体はダイナコムウェアの金文体か優雅宋。

でなければいわゆる民族楽器祭りにしても壮大でドラマティックになるかも。キリッとした表情のヒロインが高原の草原にすっくと立つ周りをカメラがアオりながらぐるんぐるん回る感じで。すっごい風吹いてるんだけど髪はショートです。その代わり、服の裾とか袖とかがバッサバッサなびく。

……だから「水 の 恋歌」っつってんだろうが。ダメだな。


以下輪をかけてどうでもいい。

さっきまで、さまぁ〜ずの三村じゃないほうのフルネームが「大竹まこと」しか出てこなくて、違う、そうじゃない、あっち行け、って頭の中から必死で追い払っていたんだけど負けました。力尽きました。検索した。

負けてしまうと「あぁ〜……。」ってなる。確かに当面の問題は解決する、するんだけども、達成感はなんだか薄い。

posted by zig5z7 | reply (1)

カメラに顔認識があるのなら。

reply

焦点が合ってない顔を全部ボカすAIもそろそろあっていいのではないか。


集合写真モード、ポートレートモード(絞り優先/シャッター優先)、等で閾値が切り替わる。

もっと言うと、シャッターで確定する前に構図で判別する。「被写体はこの人物(ないしはこのグループ)でいいですか?」って。

posted by zig5z7 | reply (0)

Re: は、

「んーーん、んーーん、ンンンンン! んーーん、んーーん、ン・ン・ン!」

reply

SoundHound優秀。

4vs2w83x


アカペラで「ツッツク ツッツク ツッツク ツッツク ツッツク ツッツク てー、てー、てーーーーーーー、ってってってっテッテレレッテッ てーーーー」とやってもライディーンをきっちりサジェストしてくれます(本当)。


「北の国から」はダメでした。

posted by zig5z7 | reply (1)

Re: ローカルルールだとは思うんですが、

こっちの分はとっくに焼いちゃってあるんで大丈夫です。

reply

何が大丈夫なのかよくわかりませんが、とりあえず四十九日も過ぎてるので、言い逃れできないレベルで新盆のはず。

正直、箱が目障り。わー言っちゃった。


以下蛇足。

うちの祖父は、たしか戸籍上は3/31生まれになってたと思う。でも実は4月に入ってからの生まれだと聞いたような覚えもある。

これがどちらも本当だとすると、養育費を1年分ケチりたくて繰り上げたのかな。あの人の頃って、学年やなんかの年度はどうなってたんだろう。数え年っていつまで使ってたの。

「3月中に生まれるように仕込む」みたいな話は今でもたまに聞く。


今や、誕生も(仕込みも)死亡も、数日くらいなら人工的に動かせるはずだし、もう、星占いとかどうなっちゃってるんだろう。そういうの気にする人はもともと動かしたりしないか。

posted by zig5z7 | reply (0)

なんか妙に色々あって新盆が多くてですね、

reply

「新盆が多い」という言い方もどうかと思うんですが、まあ、とりあえず、そのうちのひとつが(ガチ遺骨が)未埋葬で実家にあるんですよ。早く埋めようよ。


……これ、やっぱり、遺骨の目の前に(この言い方もどうかと思うんですが2)、ナスとかキュウリとか置いた方がいいの?これやこの、逝くも帰るもこれやこの、逝くも帰るも死ぬも死なぬも。急ぐならドローンっぽいやつ作ろうか?

posted by zig5z7 | reply (1)

http://zig5z7.sa.yona.la/4721

reply

https://www.youtube.com/user/JakeCloudchair


作り込みがすごすぎて逆に参考にならないチャンネル。

主にギター用エフェクターの紹介。

posted by zig5z7 | reply (0)

ぐちゃぐちゃ書いてたらよりによって誤タップで消したのでもういい。

reply

書いてたネタ元はここです。


http://aniram-czech.hatenablog.com/entry/2017/08/10/220000


単に「最期まで日常を過ごしたかったのではないか」みたいなことを思いながら10回くらい編集してました。

posted by zig5z7 | reply (0)

久々にmixiにログイン。

reply

己の黒歴史をひもといていたら、あるコミュニティの管理人がmixi自体を退会してしまったらしく、コミュニティへの投稿がロックされていた。管理人不在だとそうなる模様。

で、「管理人に立候補する」みたいなボタンを押してみたら管理人になれてしまった。あらまあ。


あと、マイミク一覧には、もはや誰だかわからなくなってしまった人がいっぱいいました。これは多分向こうもそうね。オレを覚えてる人は少ないと思います。

posted by zig5z7 | reply (0)

そういえば車の免許の更新がもうすぐ。

reply

・個人的に、車の免許とクレジットカードの期限は「そういえばそんな時期か」の代表格。パスポートは今調べたらまだしばらく平気だった。


・今回も「平成○○年○○月○○日まで有効」って入るんだろうか。きっとそうだよね。


・運転免許の欄を全部埋めるのが趣味というひとがたまにいるそうで、乗れる車両の区分が法律で変わるとわざと失効させて全部取り直すこともあるらしい。

目的はあくまで「欄を埋める」なので、下から順に取っていく。例えば普通自動車や小型二輪車の免許を取ると原付にも乗れるけど、そうすると原付の免許を単体で後から取ることはできないらしく(許可する内容が変わるわけではないので)、つまり欄が埋まらないままになるらしく、それを嫌って、まずは単体で原付を取り直し、次は小型二輪、と全部やり直す。すげえ。


・そのうち「自動運転車運用許可証」みたいなのもできるんだろうか。あれは一応、乗る方も基本的な交通法規くらいは知っておいた方がいいだろうし車検もあった方がいいと思うの。小学校の送迎に子供1人だけ乗せて送り出すような親が絶対出るよ。

レンタカーやカーシェアリング方面との連携も気になるところ。

posted by zig5z7 | reply (0)

ちょっといろいろ驚いた。

reply
こういうと私は、いろんな知識を得たいために、手当たり次第に書物の捕虜となったように思われるかもしれないが、決してそうではない。真の読書法を心得ている者は、如何なる書物であれ、それが自分の目的に役立つか、または知っておく価値があるかどうかによって、自分に役立つと思うものだけを選択する方法を知っている。そしてその方法だけが読書によって自己に何物かをもたらすものであってそれ以外の読書法はほとんど無価値である。

(かなや漢字の表記は、一部、zig5z7が現代風に改めた)



上の引用は、なんと「我が闘争」から。

作中でほとんど唯一まともだった部分、というか悪意が全くなかった(とオレが思った)部分。あくまでこの部分を取り出して前後は捨ててここだけ考えたら、です。

他はほぼ全部、俺TUEEEE大衆バカ、でした。


あ、強いて言えば、彼の中にあった「反ユダヤ主義への反感」が消えた経緯について、

白いものが黒くなろうとするのだ。理性と感情とは二ケ月間にもわたって、私の心中で戦ったが、結局は感情が勝利を占めることになった。

(かなや漢字の表記は、一部、zig5z7が現代風に改めた)


という記述もあるにはあった。

でもこれも文脈からしてやっぱりアウトだろうな。それ以前に「結局、お前の好き嫌いじゃん」で終わりだし。


ともあれ、わりと他人事ではない本でした。史上最凶の闇堕ち。

これに似たことは世界のどこでも起こりうると思う。一般人が受け取れる情報が演説と新聞くらいしかない状況でこれを延々とやられたら危ないかもしれない。正直、もしオレが「あの時代の純血ドイツ人」だったら、形だけくらいは同調したかもしれん。じゃないと死ぬんで。当時はテープレコーダーすら普及してないはず。

今はネットもSNSもあるからまだいいけど。いやそれはそれでそうでもないのか?


以下蛇足。

・原文には日本人蔑視の部分があるらしいんですが、上記リンクから落とせるPDFの翻訳ではそこは省かれているらしいです。……ってこれ、版権どうなってるんだろう。まあいいや。

・いわゆるラスボスみたいなキャラを書く/描く人には資料としてお勧めします。けっこう本気で。

・欧米のプラモデル。旧ドイツ軍のものを製品化するときって、ハーケンクロイツを描いちゃまずいらしいですね。箱絵では「田」を斜めにしたみたいになってたり、デカールも丸ごと直接印刷できないから2枚に分割したりしてるらしい(合わせて貼るとできあがる)。そこまでやるかって気もしないでもないけど気持ちはわからんでもない。

posted by zig5z7 | reply (0)

無題

reply

「俺たちに明日はない」が実はただの「ボニーとクライド」であったような、あるいは「ゼロ・グラビティ」が実はただの「グラビティ」であったような。


例えば「ボニーとクライド」と例えば「シドとナンシー」の間には、タイトルとして何の違いもないとも思うんです。なんなら「俺とお前と大五郎」や「桃太郎」も同じくくりに入れていいくらい。結局は主人公の名前だよね。「桃太郎 & Co.」か?

「細雪」なんて字義通りならほぼ「こなぁぁぁゆきぃぃぃ(ねぇ」でしょう。……これももはや歴史になったネタですが、でも今どき「細かい雪」というだけで本を買ったり映画のチケットを予約したりする人はいないと思う。録画予約も。


識別子としてのタイトル vs. 要約としてのタイトル、みたいなことを、とりとめもなくぼんやり考える。

俳句や短歌は省略の美学だとも言われるけど、その省略の仕方も人によって違うよね多分。短縮芸。どこをどう汲むか。

あげくに百人一首とかでは最初の5文字くらいで「これかな?これかな?」ってなるし。


タイトルとしての語群は書き尽くされている。楽曲のコード進行が書き尽くされているように。

ラノベのタイトルが長いのもしょうがないのかもしれない。「〇〇が××な件」「△△が◻︎◻︎する話」というのも流行りましたが、それも必要に迫られてのことだと思う。

そこを逆手に取った釣りタイトルみたいなのも蔓延って久しいし。ニュースサイトの見出しとかも。


個人的に、タイトルの時点で本文を書き始めるような、というか本文の最初を識別子にするしかないような「春はあけぼのメソッド」は好きなので多用している。ごめんなさい、楽なんです。


sa.yona.laや ああsa.yona.laや sa.yona.laや

posted by zig5z7 | reply (0)

Re: 確かこれ「王様の仕立て屋」じゃないですかね

ありがとうごさいます。

reply

原典らしき画像がPinterestに上がってました。

「iPS細胞」は改竄されてないっぽいので、早くとも2006年以降、まあ多分2012年以降であろうというところまでは見当つきました。まだ広い。


ともあれ、各国とも、真面目にちゃんとしたものも発明してたようで安心しました。


ロケット工学はロシアというよりはドイツというか「冷戦」の発明じゃないかと思いました。

posted by zig5z7 | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.